心拍変動はあなたの健康を語る

血圧が高くなると、さまざまな弊害が生じます。血圧上昇の複雑さを理解することで、望ましくない影響を軽減することができます。心拍変動は、この点で、探求する価値のある側面のひとつです。

人間の神経系における相互作用

私たちの身体の運動機能は、随意反応と不随意反応として行われます。刺激に対する反応が意識的に行われる場合、いわゆる体性神経系によって監督される。一方、自律神経系は、運動に対する心臓血管の適応、体温調節、あるいは呼吸など、制御不能な反応に関連するプロセスを担当している。

自律神経系は、相反する役割を持つ2つの要素に分類される。交感神経系は、脅威やストレスに直面したときに活性化される。心拍の間隔が短くなり、単位時間あたりに送り出される血液量が増え、血圧が上昇する。ストレスがなくなると、副交感神経が活性化され、崩れたバランスを回復し、リラックスした状態になります。

心拍変動(HRV)

交感神経と副交感神経は、慎重に調和をとりながら働いています。交感神経系が支配するエネルギー消費型の「闘争または逃走」状態の後には、自然に「休息と消化」の副交感神経反応に移行するはずです。しかし、このバランスが崩れた状態が長く続くと、人間の健康を脅かすことになります。

自律神経活動の2つの極端な状態のバランスを監視するために、心拍変動という概念が開発された。HRVは、連続する心拍間の時間間隔の変化を測定するものである。

心拍間隔の変化から、自律神経系が心筋活動をどのように調節しているかについての情報が得られます。これは、患者の一般的な健康状態を示す有効な非侵襲的指標です。

ストレスや不安によって交感神経系と副交感神経系のバランスが崩れると、HRV の低下につながることがよくあります。HRV の低下と特定の種類の心血管疾患または自律神経疾患との関連は非常に強いため、HRV は、多くの慢性心血管疾患を患う患者の予後を評価するための診断ツールとして利用することが可能です。

高血圧症における HRV

血圧が高い患者では、一般にHRVの低下が報告されています。しかし、多くの人は、瞑想 [1]、瞑想トレーニング [2]、呼吸法 [3]など、特定の意識的実践を行うことによって、HRV レベルに何らかの影響を与えることが可能であることに気付いていません。その結果、フィットネスレベル、ストレス適応、情緒安定性が向上し、高血圧の影響を受ける可能性があります。

この関係は,スマートなウェアラブル端末の設計者にもよく採用されている。電子時計は,ユーザーに1分間ゆっくりとした呼吸をするよう求めることがある。この方法は,高血圧そのものを治すことはできないが,血圧の高い患者の日常生活の質を大きく向上させることができる [4] .

一日を通して定期的に繰り返されるゆっくりとした呼吸法は、副交感神経が自ら働くのと同様の方法で副交感神経を活性化するトリガーとして作用する。このようなトレーニングを毎日繰り返し、歪んだ HRV のバランスを整えることで、血圧を低下させ、高血圧患者をより良く生活させることができるのです。

視聴をお勧めします:

{recommended}

リファレンス:

{references}

Go back