血圧を自然に下げる良い習慣

軽度の高血圧症は、必ずしも薬物療法を行う必要はありません。その代わりに、血圧を下げるのに有利とされる日常生活習慣をいくつか試してみるとよいでしょう。

食事に取り入れる

様々な種類の自然食が血圧を調整し、健康を維持するのに有効であることが分かっています。特に、柑橘類、魚、チャード、かぼちゃの種、豆やレンズ豆、ベリー類、アマランサス、ピスタチオ、にんじん、セロリ、トマト、ブロッコリー、ギリシャヨーグルト、ハーブやスパイス、チアやフラックスの種、ビーツやジュース、ほうれん草などは、健康増進の効果が高いと言われています。

これらの製品について詳しくご覧になりたい方は、下記リンク先のおすすめ記事をご参照ください。

スポーツや運動を始める

勤務時間中に1時間あたり6分程度の低強度の身体活動を行うことで、収縮期および拡張期血圧を有意に低下させることができます。1時間あたり2マイル歩く程度の高度なものでもよいでしょう[1]。

定期的なスポーツ活動としては、適度な運動を伴うものが特に推奨されます。ゴルフ、サイクリング、水泳などがこれにあたります。体を動かすと同時に、心臓や血管に過度の負担をかけないものであれば、何でもよいのです。レクリエーションで血圧が上がるのは、一時的なものです。長い目で見れば、運動は血圧をコントロールする良い方法なのです。

塩分を過剰摂取しない

塩分なしでは食事を十分に楽しめない人もいます。ハム、オリーブ、卵、セロリ、アーティチョークなど、一般的な食品に含まれる天然の塩分だけではありません。塩の過剰摂取は、血圧上昇の直接的な原因となります。1日に5gの塩分を摂取すると、心血管疾患の発症リスクが17%高くなり、特に脳卒中のリスクが23%高くなると言われています[2]。

その代わり、自分の好きな味を試してみてください。パプリカ、ジンジャー、カイエンヌペッパー、ターメリック、サフランなどのハーブ系スパイスを使って、味気ない料理を作りましょう。これらは、料理の味を変えるだけでなく、血圧を下げる効果もあります。

プロバイオティクスの摂取

プロバイオティクスは、生きた細菌や酵母を経口投与するものです。これらの生きた細胞を摂取することは、あなたを遠ざけるものではありません。実際、平均的な人間の体は、約30兆個の人間の細胞と、39兆個もの細菌で構成されています[3]。プロバイオティクス微生物の役割は、病原体と競合することであり、その結果、あなたの消化プロセスを支援することです。したがって、乳酸菌のような細菌やサッカロミセス・ブラルディーのような酵母は、腸内のバランスを維持するために必要です。プロバイオティクスの摂取源としては、発酵乳、ギリシャヨーグルト、キムチ、ザワークラウト、ピクルスがおすすめです。

最近の研究で示されたように、プロバイオティクスの投与は、高血圧患者の収縮期血圧(SBP)を3 mmHg、拡張期血圧を1.5 mmHg下げることができます[4]。効果は最大10週間しか持続しないと報告されていますが、プロバイオティクス療法は、あなたの健康に有益と思われる他の習慣を実行し始めるのに十分な時間を与えてくれます。

視聴をお勧めします:

{recommended}

リファレンス:

{references}

Go back