血圧上昇の後遺症

米国では、高血圧の成人の16%が自分の症状を自覚しておらず、そのためいかなる治療も受けていません[1]。死亡率の80%が心血管疾患に直接関連している中低所得国では、22%である[2]。この数字は、最も貧困に苦しむ国々では劇的に高くなります。

一方、対処されない血圧の上昇は、対策が取られるまでの数年間、内臓や血管に大損害を与えます。その結果、生命を脅かすような症状を発症することが多く、そのいくつかを以下に挙げます。

循環器系

血液が高い圧力で運ばれると、血管にはさらに負担がかかります。血管の内膜は徐々に傷つき、さまざまな二次的疾患を引き起こす根本的なメカニズムになります。特に高血圧は動脈硬化を促進し、動脈は弾力性を失い、狭くなり、血液の流れや栄養・酸素の供給が十分でなくなります。

動脈が収縮して詰まると、動脈瘤(動脈が破裂しやすい気泡状の構造物)を形成する傾向があります。動脈瘤は、脳に栄養を供給する動脈にできると特に危険です。脳動脈瘤が破裂した患者さんの死亡リスクは50%で、そのうちの15%は病院に到着する前に死亡するといわれています。

血管が細くなり、硬くなることで、脳が受けるもう一つの影響は、酸素欠乏です。酸素の供給が絶たれると、数分後には脳細胞が死滅し始めます。脳への血液供給が妨げられると、いわゆる虚血性脳卒中になることがあります。もう一つのタイプの脳卒中は、脳への内出血で、出血性脳卒中と呼ばれます。これは一般に動脈瘤の破裂によって引き起こされ、動脈瘤の形成は血圧の上昇によって促進されます。

心臓

血圧の上昇は、さまざまな心臓疾患を引き起こす主要な危険因子となります。以下のようなものがあります。

  • 冠動脈疾患:最も一般的な心血管系疾患で、アテローム性動脈硬化と呼ばれる脂肪性プラークの蓄積が冠動脈を狭め、その壁を硬化させるものです。その結果、心筋への血流が著しく低下する。

  • 心臓発作 - 冠動脈の閉塞により心臓への血液供給が著しく低下し、酸素が欠乏して心筋細胞が死滅する。

  • 心不全-高血圧による長期的な負担で心臓が弱り、他の重要な身体器官に十分な血液と酸素を送り出せなくなる。

性行為への障害

高血圧を治療していない男性は、勃起不全になりやすいと言われています[3]。高血圧の患者では、動脈壁の構造的な損傷により陰茎の血流速度が低下し、性的性能に変化をもたらす。陰茎の細い血管は、特に拡張能力が失われやすいのです [4]。

同様に、女性の性機能も、血圧が上昇した場合に危険にさらされます。高血圧の女性は、性的機能不全になる可能性が1.7倍高いという研究結果が出ています[5]。膣やクリトリスへの血流が低下すると、性的刺激時の弛緩反応の低下、膣の乾燥、痛み、オーガズムの機能不全につながります。

その他の症状

すべての臓器は、血液が途切れることなく適時に供給されることに依存しているため、血圧の上昇は身体のほぼすべての部位に悪影響を及ぼします。これは、腎臓や目だけでなく、心臓にも当てはまります。特に、頭痛、鼻血、震え、疲労、吐き気、胸痛、息苦しさなどの非特異的な症状がある場合、血圧をモニターすることは非常に有益な習慣です。

閲覧・視聴をお勧めします:

{recommended}

リファレンス:

{references}

Go back